取引相場に基づく方法

マンション

査定の根拠は多様

マンション査定によってマンションの販売価格を決定するという場合には不動産業者にマンションの調査を行ってもらうことになります。住所や築年数、階数や専有面積などの基本的な情報だけでなく、建物や設備の劣化の程度や周辺環境なども加味して評価を受けられるのが特徴です。しかし、マンションは同じものは二つとないはずなのにどのようにしてマンション査定が行われて価格が定められているのかは疑問に思われる点でしょう。査定をしていて具体的な金額を出しているからにはその根拠があるはずです。実際にいくつかの業者にマンション査定を行ってもらうと大きく違う場合もあれば完全に一致する場合もあります。これは算定の根拠がたまたま一致している業者もある一方で、全く異なる基準を設けて算定を行っている業者もあるからです。比較的近い値を算出してくれる業者が多いのは、類似している算定根拠を利用しているからであり、よく用いられているのが取引相場です。過去に行われた不動産取引についてはその売買価格が記録されているため、それを参考にして類似物件を探してマンション査定を行う際の基準にしていることがよくあります。実際に行われた取引金額であれば信頼できるからであり、そこから一定の基準を設けて増額や減額を行っているという仕組みが採用されている業者が多いのです。ただし、基準となる取引相場を何通りも考えられる場合には算定の行い方の基本が同じでも算定される査定価格には違いが生じます。